こぶしの里通所リハビリでは、午前中に要支援・サロン利用者の方にアクティビティを提供しています。
①
この日は、感染対策をしっかりとったうえで、カラオケをしました。カラオケと言っても皆さん、マイクを持つことも一人で歌うことも恥ずかしい方々ばかりで、カラオケの機械の画面を見ながら、皆で歌を歌いました。

定番の千昌夫の‘北国の春‘から始まり、‘津軽海峡冬景色‘ ‘浪花節だよ人生は‘ ‘夫婦春秋‘ ‘星影ワルツ‘ ‘瀬戸の花嫁‘ 最後は村田英雄の‘王将‘で閉めました。

歌が流れる前に画像を見て「私の生まれた島に同じ」とか、「この歌良いよね」とか、利用者さん同志で盛り上がっておられました。

喉を潤すカルピスも美味しくて。

昔、流行った 歌声喫茶さながらの楽しい時間を過ごされました。

②

こぶしの里 通所リハビリ